-知識を知恵に- 労働契約期間編 SR

労働契約の期間について定めている労働基準法

第14条です。

 

「労働契約は、期間の定めのないものを除き、

一定の事業の完了に必要な期間を定めるものの

ほかは、3年(次の各号のいずれかに該当する

労働契約にあつては、5年)を超える期間について

締結してはならない。

1 専門的な知識、技術又は経験(以下この号において

「専門的知識等」という。 )であつて高度のものと

して厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等

を有する労働者(当該高度の専門的知識等を必要とする

業務に就く者に限る。 )との間に締結される労働契約

2 満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約

(前号に掲げる労働契約を除く。) 」

 

かっこ書きが多く、一見読みにくい条文ですが、

順番に丁寧に見てみると、ポイントは3点あります。

 

Point① 期間の定めのないものは除く

 労働契約の期間の定めのないものというのは、

 いわゆる正社員で定年まで働くことを想定して

 います。そのような労働契約はここでは除かれて

 います。

 

Point② 一定の事業の完了に必要な期間を定める

もののほか

 一定の事業の完了に必要な期間を定める労働契約

 もここでは除かれています。建設工事のような

 有期事業の場合は、その事業の完了までの期間

 を労働契約期間とすることができます。

 例えば工事の完了に10年かかるとしたら、10年

 契約とすることも可能ということです。

 

Point③ 労働契約の上限は原則3年 例外2パターン

が5年になる

 「期間の定めのないもの」と「一定の事業の完了に

 必要な期間を定めるもの」を除いて、労働契約の上限

 は原則3年です。

 ただし、この例外が2パターンあり、労働契約期間の

 上限が5年になります。

 

 1.高度の専門的能力を有する労働者

  高度の専門的知識を有する労働者と締結する労働契約

  ↑この「高度のもの」は厚生労働大臣が定める基準に

  該当するもので、博士の学位、医師、一級建築士、弁護士

  等々あり、社会保険労務士も含まれます。

  (後ほど労働時間のところで出てくる専門業務型裁量労働制

  の箇所にも、対象業務がずらーっと出てきますが、こちらには

  社会保険労務士は入らないんですよね。豆知識です。)

  そのうち年間の賃金が1,075万円を下回らないものと

  されています。

 

 2.満60歳以上の労働者

  60歳以上の労働者と締結する労働契約は、職種等を

  問わず、最大5年の期間を定めることができます。

 

最後に、

1年を超える期間の定めのある労働契約を締結した労働者

であっても、当該契約期間の初日から1年を経過した日

以後においては、使用者に申し出ることにより、いつでも

退職することができます。

なお、ここでは

・一定の事業の完了に必要な期間を定める労働契約

・高度の専門的能力を有する労働者との5年契約

・満60歳以上の労働者との5年契約

は除かれています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ